ようこそ看護師への道へ 看護師への道 タイトル画像
リンク集
当サイトについて
ご意見

将来ナースを目指す

看護師を目指すには-Part1-

看護師になるまでの道のりは何種類かありますので、ご自分に合った進学を選択してください。

看護専門学校

看護師になるための、最も一般的な進学方法です。

高校卒業後は、「看護専門学校」へ進学し3年間看護のことを学び、国家試験を受験し合格すると看護師へ
看護専門学校へ通い取得できる資格は、「看護師国家試験受験資格」がもらえます。専門学校の3年間を通し試験合格へ向けて必要な科目や実習をこなしていきます。

特徴

看護師になっている人の4割の人は「看護専門学校」卒業生です。
専門学校での学習時間の3分の1は、看護実習で実践的な看護が学べ、受験合格後、即戦力として現場で活躍できます。

看護専門学校にもいろいろ

専門学校と言っても、国立、効率、労働福祉事業、医療法人、学校法人、などさまざまです。

自分が将来、どんな職場をイメージまたは目標設定があるのかなどで、選択しましょう。
そのために、それぞれの学校の特徴などを調べたり、先輩に聞いたりしてみて情報収集し、より近道が出来る将来をさがしましょう。

入試試験

専門学校の試験は、国語、数学、英語の3科目の試験が多く、たまに、生物、化学、小論文の試験があるところもあります。

短期大学

高校卒業後、「短期大学」へ3年間通い、国家試験を受験し合格すると看護師へ。

特徴

専門学校と違うところは、看護の勉強だけでなく、他の学科(英文学部や文学部やその他の学科)と一緒になっているところも多いので、幅広い知識を身に付けることができます。
短大卒業後の看護師率は、全体の5%程度しかいません。看護師になるには、専門学校が一般的で、看護師を目指している方が短大へ進学する人が少ないということが現状です。

入学試験

国立大学の場合は、センター試験で、二次試験では、数学、理科、外国語のうちの2科目が主になっており、公立大学では、小論文と面接があるところが多いようです。私立の大学の場合は、数学、理科、英語の3教科と小論文が主な試験となってます。

看護系の大学

高校卒業後、「看護系の大学」へ4年間通い、国家試験を受験し合格すると看護師へ。
看護系の大学では、取得できる資格は、看護師、保健師、助産師国家試験受験資格です。

特徴

看護師への道は、今までは専門学校へ通うのが一般的でしたが、最近は大学に、看護学部、学科や、看護を専門とした大学までもが登場したり、現在は大学で看護を学ぶ人達も多くなってきてます。

看護大学では、医療の進歩、高齢化社会などの進歩が早いため、看護職が多く求めらている中、すばやく対応が出来るために「自らの力をつける」教育がなされています。

また、看護師国家試験受験資格以外にも、保健師、助産師国家試験受験資格が得られる、また、学校によっては養護教論資格も得られるので、看護師以外を目標にしている方にとって、または、看護師、保健師、助産師、どっちを目指そうと悩んでいる方には、看護系の大学へ通うことをオススメします。

入試試験

国語、数学、科学、英語の4科目の試験か、または、国語と英語は必須となっており、数学と理科のどちらか1教科を選択するといった3科目の試験が主になってます。

看護師を目指すにはPart1
看護師を目指すにはPart2
奨学金・就学資金制度
QRコード 当サイトのQRコード 外出先でも気になったら、ちょっちょいと携帯から、当サイトへお越しになれので、ご利用してください。
当サイトは看護師(ナース)に向けてがんばっている方、または看護師(ナース)としてがんばっている方の応援サイトです。
(c) 看護師への道 Allright Reserved.